山の内治郎
特徴はシンプルに薄くしたデザイン。 薄さが約2ミリ。 そして、過多な意匠が排除され、 明快な佇まい。 山の内氏の作業場にお邪魔すると、 この器の凛とした、デザインの理由が一つ垣間みることができた。 幅広く研究熱心で、個々の形がファイリングされた資料。 自身で作られた多くの道具、 それらが丁寧に扱われ、整理整頓されている。 私も、ものづくり人として見習わなければならないと思った。 薄くするということは当然強度が落ちる。 しかし、その強度を保ちつつ、美しさを魅せるというのは難しい。 私の家具も細く綺麗なデザインをと考えるが、 強度とのせめぎ合いは否めない。 いつも葛藤の日々。 ぜひ一度手に取ってみてほしい。 その美しい作品を感じてほしい。 手作業で作られているため同じデザインでも色、形が多少違う。 しかし、それが味となって引きつけられる。

手作業で作陶されているため、在庫には限りがあります。 同じ形も注文が可能。 (場合によっては数ヶ月必要です。)