IIDA TABLE

道産ナラ材の特長がよくでるのは、やはりテーブルです。
天板は、ほかの構造体とは違い、
基本的には負荷がかかりにくいので自由が効きます。
だからこそ、特長である節、荒木を強く出せます。
 
それに合わせて脚には重厚感のある材料を採用。
ソファーの前などにも置いて使う事を想定しているので、
人の脚が引っ掛かりにくいようにもなっていますが、
見た目が重くなり過ぎないように脚が若干内側に向かって傾斜しています。
 
脚には、アジャスターが付いているので、床に合わせた調整も可能です。